知育教材でより本格的に

知育教材最新事情!

実際に「知育教材」には、以下のものが出ています。
「こどもチャレンジ」「Z会」「ディズニーの英語教材」や、右脳を活性化する「家庭保育園」「七田式教材」、長い歴史のある「学研の教材」「公文式」「いずみ書房」などなど、有名どころがこぞって幼児教育および知育教材向けの商品を出しています。
ディズニーや進研ゼミの「しまじろう」が出てくる教材は、お子さんの興味をそそることでしょう。
ただし、英語の教材などはフルセットでそろえるとなるとかなり高額になってしまうのも事実…。
長い目で見て本当に必要なのか、それぞれの特徴とお子さんの年齢や今の状態を加味したうえで、最適なものを選びましょう。
わずか2か月で、お子さんがバイリンガルになれるような教材もあるようですよ!

自主的に「やりたくなる」工夫

全ての知育教材に言えることですが、大切なのは「自らやりたくなるもの」でなければいけないという事です。
もしもお子さんが飽きてしまったり、興味を感じていないようでしたら「合っていない」という証拠です。
否定しない、比べない、強要しない、受け入れるというのが知育の大原則です。
絶対に興味を持つものがあるはずなので、諦めずに取り組み続けましょう。
最近では、スマートフォンやタブレット用の「知育アプリ」というものも出回っており、ゲーム感覚で楽しく取り組めます。
プレイしていくにつれて、何度も何度も挑戦したくなるような、お子さんの好奇心をそそるような工夫がたくさんなされているようです。
無料ダウンロードのものもありますので是非一度のぞいてみてはいかがでしょうか。